ページの先頭に戻る

クマと少年

『クマと少年』 作 あべ弘士

かあさんのおっぱいをいっしょに飲んで、本当の兄弟のように育てられた少年とクマのキムルン。いっしょに野の花で遊び、虫や魚をおいかけた。キムルンが大きくなった頃、アイヌの人々にとっての最高神であるクマを天に帰す儀式、イオマンテがやってきて......。山の神クマとアイヌの少年をめぐる壮大ないのちの物語。(2018年)



ともだち しょうかい しようかい

『ともだち しょうかい しようかい』 作 tupera tupera

このほんにとうじょうするのは、みんなあなたのともだちです。四角の枠の中をじゆうにかんがえて、ともだちをしょうかいしてみてね。tupera tuperaの新しいしかけ絵本。(2019年)



ビロードのうさぎ

『ビロードのうさぎ』 原作 マージェリィ・W・ビアンコ 絵・抄訳 酒井駒子

ある日、ぼうやのもとにやってきたビロードのうさぎ。子どもに心から愛されたおもちゃにおとずれる「子どもべやのまほう」の話を耳にします。やがて、ぼうやにとってかけがいのないものになったうさぎは......酒井駒子の繊細な絵と抄訳で名作がよみがえります。(2007年)



ヨクネルとひな

『ヨクネルとひな』 文 LEE  絵 酒井駒子

ひなちゃんのおうちに、やせっぽちのこねこがやってきました。のらねこのおかあさんがつれてきたのです。やさしくふいてあげると、おおきな青いめがあらわれました。「わあ...きれいな め」ひなちゃんが、こねこをそうっとだいてみると......。読むたびに、あたたかい気もちにつつまれる絵本。(2015年)



だるまさんが

『だるまさんが』 作 かがくいひろし

だ・る・ま・さ・ん・が」左右にうごくだるまさん。ページをめくると......あらら、びっくり! 大わらい! さて、おつぎは......? 0歳の赤ちゃんから大人まで、ページをめくるたびわらいの渦に引きこまれる、とびきりゆかいな「だるまさん」シリーズ第1弾です。(2008年)



だるまさんの

『だるまさんの』 作 かがくいひろし

「だ・る・ま・さ・ん・の」めがねをかけただるまさんが登場。ページをめくると、あっとおどろく展開に! 大人気のだるまさん、こんどは何を見せてくれるかな? わらいがはじけるファーストブック、話題の「だるまさん」シリーズ第2弾です。(2008年)



だるまさんと

『だるまさんと』 作 かがくいひろし

いちごさんにばななさん、めろんさん。今回はだるまさんのお友だちも新登場! ページをめくると、だるまさんと、くだものさんが、あんなことやこんなこと......。わらいがはじけるファーストブック、話題の「だるまさん」シリーズ第3弾です。(2009年)



おしくら・まんじゅう

『おしくら・まんじゅう』 作 かがくいひろし

いたずら紅白まんじゅうが、あんな子からこんな子まで、おしくらまんじゅう。こんにゃく、なっとう、ゆうれいまで登場します。おされたみんなはどうなる~?! ページをひらいて ひゃあ びっくり!(2009年)



りんごかもしれない

『りんごかもしれない』 作 ヨシタケシンスケ

テーブルの上にりんごがおいてあった。 ......でも、......もしかしたら、これはりんごじゃないかもしれない。もしかしたら、大きなサクランボのいちぶかもしれないし、心があるのかもしれない。実は、宇宙から落ちてきた小さな星なのかもしれない...... 「かんがえる」ことを果てしなく楽しめる、発想絵本。(2013年)



もう ぬげない

『もう ぬげない』 作 ヨシタケシンスケ

ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。このままおとなになるのかな。ぬがないまま、工夫しながら生きる? ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて......(2015年)



しごとば

『しごとば』 作 鈴木のりたけ

仕事の現場が絵本になりました! 子どもたちに人気の9職業、9の「しごとば」が大集合。使う道具や、仕事の流れもくわしくしょうかい。「新幹線運転士」が「すし職人」のお店でおすしを食べていたり、仕事が他の人の役に立っている「つながり」をさがすのも楽しい絵本。(2009年)



しごとば・東京スカイツリー

『しごとば・東京スカイツリー』 作 鈴木のりたけ

歴史的なプロジェクトを支える、15の職業と、そのしごとばを大公開! スカイツリーが完成するまでの建築過程や、タワーの秘密も満載。豪華しかけページには、「スカイツリー大解剖図」も収録。  【収録職業】 設計士/鉄工員/現場監督と職人/クレーンオペレーター/照明コンサルタント/エレベーター工/広報/地元の人びと(2012年)